実践的な練習

教習所の所内の様子

路面凍結のスリップ等を体験する

多くの種類の学校がある中、阪奈の自動車学校では独自の装置を取り入れた実践講習を行っています。これは阪奈の自動車学校でも名物として知られており、学習する上で非常に役に立つマシンとして知られています。スキッドカーと呼ばれており、これによって危険時の想定訓練を行えるようになっています。危険と言うのは座学で聞くだけでは理解出来る部分が少なく、実際に体験してみるのが一番合理的です。積雪時や路面凍結時のスリップは誰もが経験し得る現象で、それを訓練段階で体験しておく事で未然にトラブルを防止します。人によってはパニックを起こして誤った操作をしてしまうため、こうした体験を通して臨機応変に対処できるよう耐性を作って行きます。

追加費用を重ねずに通う方法

一般の教習所であれば再受験の際に費用が掛かるなどして、費用を重ねてしまう方もいます。しかし、阪奈の自動車学校ではそうした追加で料金を受け取る事は一切していません。解答時に記入ミスをして失敗した時でもお金が掛からないため、悔しい思いをそれ程せずに済みます。入学金や受講料でお金が掛かりがちだからこそ、こうした小さな面で費用を浮かせられる学校を選びましょう。また、夜間に講習を受けるために夜間料金を取る学校もあります。阪奈の自動車学校であれば夜も昼も関係なく、気軽な気持ちで時間に捉われずに受けられます。もちろん混雑具合にもよりますが、休日であってもなるべく受け入れやすい体制が整えられています。あらゆる条件によって金額が重なる事がない、安心して通える教習所として利用出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加